アダルトサイトに関係する法律と争点

 画像・動画系のアダルトサイト、あるいは出会い系サイトとかでなくとも、18禁の表現を含むサイトまたはブログを作成運営しようとすると、いくつか法律面で気になることがある。

 その場合、アダルトサイトと法律が関わりそうなポイントは、ぼくが関心を持つ範囲では以下に挙げる四つの法律の五つの点だ。

(1)刑法
 ・わいせつ物頒布等の罪
 ・名誉毀損

(2)児童買春・児童ポルノ処罰法

(3)著作権法

(4)風俗営業法

 書き進んでいくうちに、これ以外にも気になる論点が出てくるかもしれない。

 ぼくは法律家ではないので、わざと嘘を書く意図はないが、ここに書くことがすべて正しいとは限らない。憶測や誤認もあるだろう。そう認識した上で、自分自身の備忘録も兼ねて書き残しておければと思う。

  1. わいせつ物頒布等の罪
  2. 公然と不特定多数
  3. わいせつの定義
  4. 海外サーバ内の違法コンテンツ
  5. 埋め込みとリンク
  6. 児ポ法とフィクション
  7. 文章は児童ポルノではない
  8. 肖像権
  9. 電磁的記録によるわいせつ物陳列
  10. 海外サーバでの無修正動画サイト運営
  11. 恨みを買う怖さ
  12. アダルトアフィリエイトと風営法
  13. ワンクリック詐欺などへのリンク責任
  14. 無修正コンテンツページへのリンク
  15. 逮捕と不起訴
  16. 不起訴でも残るダメージ
  17. 無修正コンテンツと喫煙
  18. 無届の風俗店サイトにリンクすると 新しい記事